全3180文字
PR

 生産設備の微妙な使いこなしに長(た)けた工場がある。これをK工場と呼ぼう。K工場では材料の状態やその時々の気候に応じて、設備の設定を微調整することで高い品質を実現していた。そのため、現場には多くのノウハウ(暗黙知)が存在しており、それらのノウハウを継続するために、「見て覚えろ」「経験が物を言う」といった昔ながらの指導が行われていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)