全3528文字

 複数の製造部門から成る比較的規模の大きな工場がある。これをN工場と呼ぼう。このN工場は、歴史的な経緯から複数の製造部門が独立に動いていた。そのため、部門間の協業がうまく機能しないだけではなく、複数部門にまたがる業務を担う間接部門の業務効率を大きく阻害していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い