全1577文字
PR

 世界遺産の宮島へ渡る本州側の玄関口として、新たなフェリーターミナルが完成した。広島県廿日市市の宮島口地区で、県が「宮島口旅客ターミナル」を整備。設計を担当したのは、乾久美子建築設計事務所(東京・新宿)だ。総工費は約24億円。2020年2月29日に開業した。

2020年2月29日に開業した「宮島口旅客ターミナル」の内観。写真奥がフェリー乗船場で海上の桟橋へと続く(写真:阿野 太一)
2020年2月29日に開業した「宮島口旅客ターミナル」の内観。写真奥がフェリー乗船場で海上の桟橋へと続く(写真:阿野 太一)
[画像のクリックで拡大表示]

 県が「厳島港港湾整備事業」を開始したのは13年9月。港湾の一部を埋め立て、18年10月に、老朽化したフェリーターミナルの建て替えに着手した。ターミナルの北西側では、観光商業施設「etto(エット)」の内装工事も終わり、20年4月にオープンする予定だ。今後は、広島電鉄・宮島口駅の移設や道路整備に取り組んでいく。

海辺に、灰色の勾配屋根を架けた2つの施設が建つ。そのうち、右奥が「宮島口旅客ターミナル」。海沿いの施設は、広島湾に突き出した桟橋と乗り場だ。屋根の形状をそろえることで、ターミナル施設と桟橋、周辺にある建物などの調和を図った(写真:阿野 太一)
海辺に、灰色の勾配屋根を架けた2つの施設が建つ。そのうち、右奥が「宮島口旅客ターミナル」。海沿いの施設は、広島湾に突き出した桟橋と乗り場だ。屋根の形状をそろえることで、ターミナル施設と桟橋、周辺にある建物などの調和を図った(写真:阿野 太一)
[画像のクリックで拡大表示]
1階平面図。ターミナルの北西側に商業施設「エット」が続く。ターミナル内は箱状の空間を複数配置した。箱と箱の間は半屋外として、周辺エリアとターミナル間を人が行き来しやすくした(資料:乾久美子建築設計事務所)
1階平面図。ターミナルの北西側に商業施設「エット」が続く。ターミナル内は箱状の空間を複数配置した。箱と箱の間は半屋外として、周辺エリアとターミナル間を人が行き来しやすくした(資料:乾久美子建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 ターミナルの構造は鉄骨造。地上2階建てで、延べ面積は約2174m2だ。これまでフェリー運営者2社で別々だった乗船場を1カ所に集約し、利便性を高めた。廿日市市の観光発信拠点としての機能も備える。

ターミナル内の2階北側から南側を見通す。左手はデジタル映像で宮島の観光情報を伝える宮島情報センター(写真:阿野 太一)
ターミナル内の2階北側から南側を見通す。左手はデジタル映像で宮島の観光情報を伝える宮島情報センター(写真:阿野 太一)
[画像のクリックで拡大表示]

 建物は2枚の大屋根を合わせ、その間にトップライトを配置した。海沿いの遊歩道から、明るく開放的なターミナル、広場、そして街のにぎわいゾーンへと人の流れをつくり、地域全体の回遊性を高める。