全1816文字
PR

タワー棟の1~2階にはスーパーや飲食店がそろう

 タワー棟の1~2階を占める北仲ホワイトは、かつてあった「旧帝蚕ビルヂング」の白いファサードとシルク(生糸)の織り目をモチーフにした外観デザインを採用した。

 神奈川県初出店のスーパーマーケット「リンコス」やコンビニエンスストア、カフェ、飲食店、美容室、花屋などがテナントとして入り、マンションの住人や滞在型ホテルの宿泊者の利便性を高めた。他にインターナショナルスクールや、海を望めるマリンデッキなどを設けた。

「旧帝蚕ビルヂング」の白いファサードとシルクの織り目をモチーフにした外観デザインの「北仲ホワイト」(写真:日経アーキテクチュア)
「旧帝蚕ビルヂング」の白いファサードとシルクの織り目をモチーフにした外観デザインの「北仲ホワイト」(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
左手が北仲ホワイト、奥のレンガの建物2棟が北仲ブリック(写真:安川 千秋)
左手が北仲ホワイト、奥のレンガの建物2棟が北仲ブリック(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]
北仲ホワイトの2階にあるマリンデッキ(写真:安川 千秋)
北仲ホワイトの2階にあるマリンデッキ(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]