全1658文字
PR

 2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)への参加について、運営主体である2025年日本国際博覧会協会は21年3月4日、企業や団体を対象とした説明会を開催。約1100の企業・団体、延べ1885人が申し込んだ。説明会では会場デザインプロデューサーを務める藤本壮介氏(藤本壮介建築設計事務所主宰)などが、基本計画の概要や、会場デザインなどを解説した。

大阪・関西万博の会場イメージ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
大阪・関西万博の会場イメージ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪・関西万博の会場予定地は大阪市臨海部の夢洲(ゆめしま)で、敷地面積は約155万m2。開催期間は25年4月13日から同年10月13日までを予定している。20年12月25日に参加形態や事業構成、会場計画などをまとめた基本計画を公開した。これを基に、各国や企業、団体、自治体の参加を促し、具体的な計画を進める。

 広大な会場は「パビリオンワールド」「ウォーターワールド」「グリーンワールド」の3つのエリアに分割する。このうち「パビリオンワールド」の構成や狙いについて説明したのが、会場デザインプロデューサーの藤本氏だ。会場計画においては、世界へ発信する理念、求められる機能性、万博ならではの特別な体験の3つのポイントを重視すると語った。

 大阪・関西万博では招致の段階から「非中心・離散」という考え方を掲げていた。この理念について藤本氏は、「多様性をリスペクトし、称賛していこうという考え方だ」と説明する。パビリオンワールドの上には円環状の大屋根を架け、この屋根の下を会場の主動線とする。主なパビリオンや施設を主動線沿いに設け、いくつかの広場も配置することで、「リングに沿って歩き回る体験が単調にならないようにした。多様な体験が生まれることを目指している」と藤本氏は言う。

大阪・関西万博の会場配置計画。中央の円環は屋根が架かった主動線で、主なパビリオンや施設をこの主動線に面して建てる計画だ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
大阪・関西万博の会場配置計画。中央の円環は屋根が架かった主動線で、主なパビリオンや施設をこの主動線に面して建てる計画だ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 主動線に架かる大屋根の上部も歩くことができる計画だ。会場全体の混雑緩和につながるほか、瀬戸内海を望む展望スペースにもなる。「会場全体を俯瞰(ふかん)する場を設けることで、万博の体験全体を立体的につくり出したい」と藤本氏は語る。