全1941文字

5階は1700m2で天井高6mの巨大展示空間

 大阪中之島美術館の4~5階に配置する展示室には、所蔵する約6000点のコレクション作品や、国内外から借用する作品などを展示する。4階の展示室の広さは合計で約1400m2ある。展示室1には大きな日本画を展示できるように、約60mある展示ケースを設置する。

 5階の展示室は広さが約1700m2、天井高は6mと巨大だ。部屋を分割して使うこともできる。5階を南北に貫くパッサージュの両端には大きなガラス窓を配置し、中之島の眺望を楽しめるようにする。

 エントランスを置く2階レベルには、建物の周りに人工地盤を設け、歩行者デッキを介して周辺の敷地とつなぐ。パッサージュは多方向に出入り口を設け、気軽にアクセスできるように工夫する。

内部のパッサージュのイメージ(資料:遠藤克彦建築研究所)
内部のパッサージュのイメージ(資料:遠藤克彦建築研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 1階には道路に面したカフェやレストラン、ミュージアムショップなどのサービス施設をまとめる。建物の中心部にホールがあり、南側の入り口付近にはワークショップルームを置く。レイアウトを変更でき、講演会やコンサート、演劇、レセプションなど多様な目的に利用できる。

 大阪中之島美術館の隣の敷地には「国立国際美術館」がある。建築家の安藤忠雄氏が設計して市に建物を寄贈した施設「こども本の森 中之島」も、20年7月に開館した。中之島は大阪の文化施設の集積地になりつつある。