全2212文字

 2025年日本国際博覧会協会は2022年4月18日、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の中核になるテーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」の基本計画を発表した。いのちの輝きプロジェクトは万博会場の中央に位置する、8つのテーマ事業パビリオンを起点に展開する。

テーマ事業パビリオンの位置(資料:2025年日本国際博覧会協会)
テーマ事業パビリオンの位置(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、日本国際博覧会協会は生物学者の福岡伸一氏など8人のテーマ事業プロデューサーが主導するパビリオンを「シグネチャーパビリオン」と命名した。各事業プロデューサーはテーマに沿って建築設計者を選定し、パビリオンを建てる。パビリオンの建築デザインには、隈研吾建築都市設計事務所(東京・港)やSANAA(東京・江東)、小堀哲夫建築設計事務所(東京・文京)、noiz(東京・目黒)などが参加することが発表された。

テーマ事業プロデューサー8人がそろって会見した(写真:2025年日本国際博覧会協会)
テーマ事業プロデューサー8人がそろって会見した(写真:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]
8人のテーマ事業プロデューサーとパビリオン建築イメージ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
8人のテーマ事業プロデューサーとパビリオン建築イメージ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 パビリオンの設計やデザインを手掛ける建築設計者やデザイナーの顔ぶれを見ると、多彩なメンバーが並ぶ。また、そのコンセプトには「循環」「自然」「地球」「細胞」、そしてリアルとバーチャルの「融合」といった共通点が浮かび上がる。

 まず「いのちをつむぐ」(EARTH MART)を担当するプロデューサーは、放送作家で脚本家の小山薫堂氏。建築デザインに、隈研吾建築都市設計事務所を迎える。小山氏が代表を務めるオレンジ・アンド・パートナーズ(東京・港)がプランニングとディレクションを手掛ける。建築は大きなものから小さなものまで転用可能な素材を使い、丸太が支える“循環型建築”としている。食を育み受け継ぐ集落のような形のパビリオンで、屋根は「茅(かや)ぶきを想定している」(小山氏)。

2025年大阪・関西万博3年前イベント~テーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」発表会~で、自身が手掛けるパビリオンを紹介する小山薫堂氏(写真:2025年日本国際博覧会協会)
2025年大阪・関西万博3年前イベント~テーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」発表会~で、自身が手掛けるパビリオンを紹介する小山薫堂氏(写真:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]
隈研吾氏は食を育む集落のようなパビリオンを転用可能な素材で建設(資料:2025年日本国際博覧会協会)
隈研吾氏は食を育む集落のようなパビリオンを転用可能な素材で建設(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 「いのちを響き合わせる」(Co-being)は慶応義塾大学教授の宮田裕章氏が、建築デザインにSANAAを迎えて建設する。キュレーションは金沢21世紀美術館館長の長谷川祐子氏、テクニカルディレクションと体験デザインはバスキュール(東京・港)の朴正義氏に加え、大八木翼氏が参加する。パビリオンのデザインでは、森に溶け込むような不定形の大屋根を架ける。そして屋根の下では、霧や雨、光といった自然現象のようなインスタレーションを展開する。

SANAAの妹島和世氏と西沢立衛氏は、森に不定形な大屋根を架ける(資料:2025年日本国際博覧会協会)
SANAAの妹島和世氏と西沢立衛氏は、森に不定形な大屋根を架ける(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 「いのちを高める」(いのちの遊び場 クラゲ館)を手掛ける音楽家で数学研究者の中島さち子氏は、建築デザインで小堀哲夫建築設計事務所と組む。パビリオンは内部にいる人そのものを生きた展示・体験とするように、クラゲのような半透明の外観とする。数学体験デザインには、東京理科大学栄誉教授の秋山仁氏など異分野のメンバーを起用する。

小堀哲夫氏はクラゲの体のようなパビリオンをつくり、遊び場にする(資料:2025年日本国際博覧会協会)
小堀哲夫氏はクラゲの体のようなパビリオンをつくり、遊び場にする(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 「いのちを磨く」(null2)を担当するメディアアーティストの落合陽一氏は、noiz、アスラテック(東京・港)、WOW(東京・渋谷)、SAFEHOUSE(東京・千代田)、乃村工芸社、TASKO(川崎市)の6社とタッグを組む。パビリオンは鏡面状のキューブを積み重ねたような建築を目指す。鏡面に来場者の姿や風景を映し、ゆがませ、未知の景色を生み出す。

noizの豊田啓介氏らは変形する建築を目指す(資料:2025年日本国際博覧会協会、2022 noiz All Rights Reserved.)
noizの豊田啓介氏らは変形する建築を目指す(資料:2025年日本国際博覧会協会、2022 noiz All Rights Reserved.)
[画像のクリックで拡大表示]