全2603文字

群馬に縁がある建築家のプロジェクト建築概要

 平田氏と駒田両氏は共に、群馬県に縁がある。17年に完成した太田市の「太田市美術館・図書館」は、平田氏の代表作の1つになった。そして21年4月には、同市の新たな公共施設設計プロポで勝ったばかりである。

 駒田剛司氏は、前橋工科大学工学部総合デザイン工学科で教授を務めている。都内の事務所と前橋を往復する生活を送っており、まちなかに詳しい。人脈もある。

 ちなみに、藤本氏は群馬で住宅を設計しているし、永山氏は県内の旅館と神社の改修を手掛けている。

 今後は、建築家の石上純也氏も、まちなかで施設の設計をすることが決まっている。まちなかは徒歩で回れる範囲で、車を使えば群馬県内の建築巡りもできる。

 白井屋ホテルに加えて、21年4月に渋川市でリニューアルオープンした「原美術館ARC」(設計は建築家の磯崎新氏)まで足を延ばせば、国内外の貴重なアートを堪能できる。前橋を中心に、群馬は建築とアートで都市再生が進む。

 最後に、今回紹介した2つの施設の建築概要を記す。

「Qのひろば再開発プロジェクト」の建築概要(21年4月時点)

  • 名称:Qのひろば再開発プロジェクト
  • 所在地:前橋市
  • 主用途:共同住宅・店舗
  • 建蔽率:70.72%
  • 容積率:158%
  • 敷地面積:1241.10m2
  • 建築面積:877.74m2
  • 延べ面積:1979.82m2
  • 構造:鉄骨造
  • 階数:地上4階
  • 高さ:15.797m
  • 発注者:まちの開発舎
  • 設計者:平田晃久建築設計事務所
  • 施工者:宮下工業
  • 開業予定:22年

「弁天アパートメンツ」の建築概要(21年4月時点)

  • 名称:弁天アパートメンツ(仮称)
  • 所在地:前橋市
  • 主用途:店舗、住宅
  • 建蔽率:80.9%
  • 容積率:189.7%
  • 敷地面積:203.741m2
  • 建築面積:164.90m2
  • 延べ面積:587.59m2
  • 構造:鉄骨造
  • 階数:地上6階
  • 高さ:20.3m
  • 発注者:合同会社マーズ
  • 設計者:駒田建築設計事務所
  • 施工者:小林工業
  • 開業予定:22年