全2441文字

 東京建物とシンガポールの不動産会社Hotel Properties Limited(HPL)は、「Four Seasons Hotels & Resorts」(以下フォーシーズンズホテル)と一体になった日本初の分譲マンション「Brillia Tower 堂島(ブリリアタワー堂島)」の入居を2024年5月に開始する計画だ。地下1階・地上49階建てで、高さが約195mと、計画地がある大阪・堂島エリアでは飛び抜けて高いタワーマンションになる。

 22年6月時点で、建物の躯体(くたい)や外装は地上28階付近、高さが約100mまで建設が進んでいる。全体の半分ほどだが、既に見上げる高さだ。

 21年4月にホテルと分譲マンションが一体になった複合タワー「ONE DOJIMA PROJECT」として概要が発表されたとき、船の「帆」をイメージしたという外観の説明があった。それを自分の目で確認できる状態まで工事が進んでいる。

建設中の複合タワー「ONE DOJIMA PROJECT」。フォーシーズンズホテルと一体になった高級分譲マンション「Brillia Tower 堂島」が2024年に完成する(写真:東京建物)
建設中の複合タワー「ONE DOJIMA PROJECT」。フォーシーズンズホテルと一体になった高級分譲マンション「Brillia Tower 堂島」が2024年に完成する(写真:東京建物)
[画像のクリックで拡大表示]
22年6月中旬時点では全体の約半分、船の「帆」をイメージしたという外観を確認できるところまで工事が進んでいる(写真:東京建物)
22年6月中旬時点では全体の約半分、船の「帆」をイメージしたという外観を確認できるところまで工事が進んでいる(写真:東京建物)
[画像のクリックで拡大表示]

 建物は、延べ面積が約8万2500m2ある巨大タワーになる見込みだ。地上1~27階および38~49階が住宅フロア、地上1~2階および28~37階がホテルフロアになる。ホテルの客室数は、178を予定している。

 ちょうどこれから、ホテルフロア部分の工事にさしかかるということだ。設計は日建設計、施工は竹中工務店が手掛けている。

堂島エリアでひときわ目立つタワマンになる。ホテル併設なので、住民以外の人も訪問する機会があり得る(資料:東京建物)
堂島エリアでひときわ目立つタワマンになる。ホテル併設なので、住民以外の人も訪問する機会があり得る(資料:東京建物)
[画像のクリックで拡大表示]
建物の模型。マンションとホテルを区別しにくい外観にしている(写真:東京建物)
建物の模型。マンションとホテルを区別しにくい外観にしている(写真:東京建物)
[画像のクリックで拡大表示]

 住戸は高額だが、販売は好調である。総戸数463戸(募集対象外住戸53戸を含む)のうち、21年11月に売り出した第1期、185戸は全戸に申し込みがあった。185戸の平均価格が約1億5390万円の「億ション」にもかかわらず、申込数の平均倍率は4.6倍、一番人気の住戸は37倍になった。

 その後も第2期、第3期と、段階的に販売を続けているところだ。22年6月中旬には「現時点で供給済みの274戸はほぼ全て、予約が入っている」(東京建物)という。マンションの市場価格が上昇を続ける昨今、Brillia Tower 堂島は高級分譲ながら、供給開始のたびに申し込みが殺到する状態だ。

 計画地の近くには、購入を検討する人が訪れるゲストサロン(モデルルーム)がある。ここには、8億円を超える住戸をそのまま再現した部屋がある。

Brillia Tower 堂島のゲストサロン内にあるモデルルームの1つ。写真は8億円を超える住戸で、天井が高く、広々としたルーフバルコニーが自慢だ。バルコニーを含め住戸を再現しており、一番外側には部屋から見える景色を映している(写真:日経クロステック)
Brillia Tower 堂島のゲストサロン内にあるモデルルームの1つ。写真は8億円を超える住戸で、天井が高く、広々としたルーフバルコニーが自慢だ。バルコニーを含め住戸を再現しており、一番外側には部屋から見える景色を映している(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
再現したバルコニーを実際に歩いたり、ソファに座ったりして、広さや居心地を体験できる。軒が深く、くつろぎやすい(写真:日経クロステック)
再現したバルコニーを実際に歩いたり、ソファに座ったりして、広さや居心地を体験できる。軒が深く、くつろぎやすい(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ゲストサロンの入り口。中にはモデルルームやミニシアターのような映像室、模型の展示室などがある(写真:日経クロステック)
ゲストサロンの入り口。中にはモデルルームやミニシアターのような映像室、模型の展示室などがある(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 日経クロステックの取材に応じた東京建物関西住宅事業部住宅営業グループの加覧憲一課長は、「当社として異例の人気を示す売れ方をしている」と明かした。

 加覧課長に好調の理由を尋ねると、「希少性」という言葉が返ってきた。ホテルとタワマンの組み合わせは過去に全くなかったわけではない。しかし、まだまだ珍しい。まして相手がラグジュアリーホテルの代表格であるフォーシーズンズホテルということで、購入希望者の期待が高まっているようだ。

 他にほとんど例がない物件、それが希少性という意味である。差異化と言ってもいい。特に投資家は、他のタワマンとの違いが明確に分かるマンションに興味を持つ傾向にあるという。なお、ホテルフロアの床については、東京建物とHPLで持ち分案分して所有している。

 似たプロジェクトとして、20年に横浜で完成した三井不動産レジデンシャルと丸紅による高級分譲マンション「ザ・タワー横浜北仲」がある。こちらは建物の上層部に、ホテル「オークウッドスイーツ横浜」が入居した。同じくホテルとマンションの一体型タワーである。ザ・タワー横浜北仲の住戸は販売開始から約8カ月で、1170戸を超える総戸数が完売する人気ぶりだった。

 両者は立地や規模はかなり違うが、どちらも高級ホテルと合体したタワマンという希少性がある。それが市場の評価を一層高めたのは間違いなさそうだ。

計画地は堂島川に近く、JR大阪駅まで徒歩9分の距離。他にも徒歩圏内に複数の駅がある。堂島川の対岸には、22年2月に開館したばかりの大阪中之島美術館がある(資料:東京建物)
計画地は堂島川に近く、JR大阪駅まで徒歩9分の距離。他にも徒歩圏内に複数の駅がある。堂島川の対岸には、22年2月に開館したばかりの大阪中之島美術館がある(資料:東京建物)
[画像のクリックで拡大表示]