全1145文字
PR

 南海本線の和歌山市駅に直結した大型複合施設「キーノ和歌山」(和歌山市)が2020年6月5日に全面開業した。和歌山市と、施行者である南海電気鉄道が共同で進めてきた和歌山市駅前地区第一種市街地再開発事業だ。17年3月に供用開始したオフィス部分などに続いて、商業施設や図書館を開業した。「蔦屋書店」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として、図書館を運営する。

「キーノ和歌山」の南面外観。南海電鉄の和歌山市駅に直結している(写真:南海電気鉄道)
「キーノ和歌山」の南面外観。南海電鉄の和歌山市駅に直結している(写真:南海電気鉄道)
[画像のクリックで拡大表示]

キーノ和歌山には、「和歌山市民図書館」も含まれる。写真は図書館の2階内観(写真:和歌山市)
キーノ和歌山には、「和歌山市民図書館」も含まれる。写真は図書館の2階内観(写真:和歌山市)
[画像のクリックで拡大表示]

 キーノ和歌山は5棟から成り、延べ面積は約3万8000m2に及ぶ。敷地中央に鉄骨造、地上12階建ての建物を配置。低層部に商業エリア、高層部に「カンデオホテルズ南海和歌山」を入れた。同建物の東側には「和歌山市民図書館」、西側にはオフィス棟などが並ぶ。

キーノ和歌山の施設構成(資料:南海電気鉄道)
キーノ和歌山の施設構成(資料:南海電気鉄道)
[画像のクリックで拡大表示]

 建築主は南海電鉄だ。2期に分けて整備し、第1期としてオフィス部分を17年3月に先行して完成させた。設計者は竹中工務店、施工者は竹中工務店・南海辰村建設共同企業体(JV)。第1期の総事業費は約40億円だ。

 続いて第2期として整備した商業エリアや図書館などの設計者はアール・アイ・エー(東京・港)、施工者は竹中工務店・南海辰村建設・浅川組JV。第2期の総事業費は約124億円だ。完成と同日に、市は図書館を南海電鉄から買い取った。図書館を運営するCCCへの運営委託費は年間で約3億3000万円だ。

 国や県は市を通じてそれぞれ約32億円と約14億円、市は約18億円を市街地再開発事業の補助金として南海電鉄に交付した。

 南海電鉄は20年2月時点で、商業エリアに年間約200万人の来場を見込んでいた。だが、コロナ禍の影響を受け、同社広報部は「今はまだ来客者数の見通しを立てることが難しい。県外など遠方からの来客を促す宣伝もしづらい状況だ」と説明する。