全1814文字
PR

完成すれば東京-大阪間を1時間強で移動できるようになるリニア中央新幹線。事業者のJR東海は2022年10月初旬に、相模原市の現場でイベント「さがみはらリニアビジョン」を開催した。一般人を対象にリニアの現場で実施するイベントは初だ。

JRと京王電鉄の橋本駅のすぐ横に位置する神奈川県駅(仮称)の現場で、イベントは実施された、現場の法面(のりめん)に映像を投映した。品川駅から橋本駅までの鉄道による所要時間は1時間ほどだが、リニア中央新幹線では約10分に短縮する予定だ(動画:日経クロステック)
時速500kmで走行する超電導リニアモーターカーにより、品川駅-名古屋駅間を最速40分、品川駅-新大阪駅間を最速67分で結ぶ。映像のすぐ後ろに近隣のマンションが見える(写真:大上 祐史)
時速500kmで走行する超電導リニアモーターカーにより、品川駅-名古屋駅間を最速40分、品川駅-新大阪駅間を最速67分で結ぶ。映像のすぐ後ろに近隣のマンションが見える(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 イベントは品川駅から名古屋・大阪方面へ向かう際に最初の駅となる神奈川県駅(仮称)の現場で実施された。主催者はJR東海(東海旅客鉄道)と、奥村組・東急建設・京王建設共同企業体(JV)、奥村組・東急建設・日本国土開発JV。協力は神奈川県と相模原市だ。

 目玉は駅舎を構築するために開削した法面(のりめん)へ映像を投映する「プロジェクションマッピング」だ。他にも重機や盛り土などの様々な展示によって、工事についての理解を深めながらリニア中央新幹線にまつわる未来を体感できる。

 22年10月1日〜4日の計4日間で、事前に予約した約2600人が参加した。料金は無料だ。初日はJR東海の金子慎社長や奥村組の奥村太加典社長、黒岩祐治神奈川県知事、本村賢太郎相模原市長、赤間二郎衆議院議員による点灯式が行われた。

2022年10月3日のイベントに参加した(写真:大上 祐史)
2022年10月3日のイベントに参加した(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]
イベント入り口のゲートの様子(写真:大上 祐史)
イベント入り口のゲートの様子(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]
イベントではプロジェクションマッピングの他、盛り土を見学できる体験コース、各種展示ブースが用意された(出所:JR東海)
イベントではプロジェクションマッピングの他、盛り土を見学できる体験コース、各種展示ブースが用意された(出所:JR東海)
[画像のクリックで拡大表示]

 神奈川県駅の現場は都市部でありながら大規模な開削工法で作業を進めている。地下に長さ約680m、最大幅約50m、深さ約30mの駅舎を造るためだ。

神奈川県駅(仮称)から名古屋側で国道16号と交差する範囲の延長69mは、たて坑からシールド機で馬てい型トンネルを掘削するURT工法を採用した。その先は名古屋へ向かって3580mの中央新幹線第2首都圏トンネルを施工する(出所:JR東海)
神奈川県駅(仮称)から名古屋側で国道16号と交差する範囲の延長69mは、たて坑からシールド機で馬てい型トンネルを掘削するURT工法を採用した。その先は名古屋へ向かって3580mの中央新幹線第2首都圏トンネルを施工する(出所:JR東海)
[画像のクリックで拡大表示]
神奈川県駅(仮称)の掘削現場から名古屋方面を臨む(写真:大上 祐史)
神奈川県駅(仮称)の掘削現場から名古屋方面を臨む(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 開削箇所は農業科や土木分野を含む環境緑地科などがある県立相原高校の跡地だ。同高校では測量や農業などの体験実習を実施していたため、広大な土地を有していた。加えて、地盤はかなり固く安定した関東ローム層のため、勾配を付けたオープンカットで掘削できた。

 19年10月より校舎を解体し、20年7月から掘削を進めている。掘削面積は3万m2、掘削土量は80万m3だ。

2022年10月初旬時点で45万m<sup>3</sup>(25mプール50〜60杯)ほど掘削した。工事進捗率は30%ほどだ(写真:大上 祐史)
2022年10月初旬時点で45万m3(25mプール50〜60杯)ほど掘削した。工事進捗率は30%ほどだ(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]
両側の仮土留め壁から約1m内側に駅の函体(かんたい)を構築する。地下3階構造で、最下部が2面4線のホーム階になる。現在は深い箇所で約20mまで掘り下げている(写真:大上 祐史)
両側の仮土留め壁から約1m内側に駅の函体(かんたい)を構築する。地下3階構造で、最下部が2面4線のホーム階になる。現在は深い箇所で約20mまで掘り下げている(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 掘削深約20mより地下は砂れき層になるため、地下に地中連続壁を打って掘削を進めていく。

神奈川県駅(仮称)の掘削現場から品川駅方面を臨む。駅舎構造物の中心が掲示されている(写真:大上 祐史)
神奈川県駅(仮称)の掘削現場から品川駅方面を臨む。駅舎構造物の中心が掲示されている(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]
膨大な量のH形鋼が使われている(写真:大上 祐史)
膨大な量のH形鋼が使われている(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]