全2936文字

 山梨県北杜市にある「清春芸術村」などの施設で2021年10月30日から同年12月12日まで、「HOKUTO ART PROGRAM(北杜アートプログラム)ed.1」という展覧会が開かれている。アートプログラムと銘打っているが、参加者の半数近くが建築家という画期的なイベントだ。

 建築家には「テント(モバイルスペース)」というお題が出され、それぞれがユニークなテントをデザインしている。同じテーマでも、全員が異なる形やコンセプトのテントを提案しているのが面白い。

白樺(しらかば)林にたたずむ雫(しずく)のような形をした透明なテント。清春芸術村は白樺派の作家ゆかりの地として知られる(写真:日経クロステック)
白樺(しらかば)林にたたずむ雫(しずく)のような形をした透明なテント。清春芸術村は白樺派の作家ゆかりの地として知られる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 参加した建築家は、重松象平氏と島田陽氏、谷尻誠氏、永山祐子氏、長谷川豪氏、藤村龍至氏の6人。いずれも1970年代生まれで、名の知れた建築家ばかりだ。他に、映画監督の河瀨直美氏など10人が名を連ねている。

初日のレセプションであいさつした、映画監督の河瀨直美氏(右)。映像を使ったインスタレーション作品を初めて制作した。隣には右から順に島田陽氏、永山祐子氏、藤村龍至氏が並んでいる(写真:日経クロステック)
初日のレセプションであいさつした、映画監督の河瀨直美氏(右)。映像を使ったインスタレーション作品を初めて制作した。隣には右から順に島田陽氏、永山祐子氏、藤村龍至氏が並んでいる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 アートや建築、映画、音楽、伝統文化など、様々な分野からクリエーターが集まった。北杜市の雄大な景色や清春芸術村に立つ著名な建築家が設計した施設と呼応するように、作品が並ぶ。

清春芸術村の庭園に出現した様々な形のテント。右奥の四角い建物は、安藤忠雄氏が設計した「光の美術館」(写真:日経クロステック)
清春芸術村の庭園に出現した様々な形のテント。右奥の四角い建物は、安藤忠雄氏が設計した「光の美術館」(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 会場はユニークな建築の宝庫として知られる清春芸術村の他、近隣の中村キース・へリング美術館、平山郁夫シルクロード美術館、女神の森 セントラルガーデン、身曾岐(みそぎ)神社に分散している。

清春芸術村の入り口(写真:日経クロステック)
清春芸術村の入り口(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 それでは写真を中心に、6人の建築家がデザインしたテントを順に見ていこう。最初は島田氏のテントだ。半円形のゆりかごのような形をしている。よく見ると、円と三角の組み合わせでできている。

タトアーキテクツの島田陽氏がデザインした半円形のテント。円を2つ折りにしたフレームの中に、正三角形の筒を入れてつった。地面から少し浮かせ、凹凸がある場所でも快適に過ごせるようにしている。中に入り、ハンモックのように揺らして遊ぶことができる(写真:日経クロステック)
タトアーキテクツの島田陽氏がデザインした半円形のテント。円を2つ折りにしたフレームの中に、正三角形の筒を入れてつった。地面から少し浮かせ、凹凸がある場所でも快適に過ごせるようにしている。中に入り、ハンモックのように揺らして遊ぶことができる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 上記の閉じたテントとは対照的な、開放された状態のテントも制作した。

外に開いて、庇(ひさし)のあるベンチのような状態の展示もした(写真:日経クロステック)
外に開いて、庇(ひさし)のあるベンチのような状態の展示もした(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 続いては島田氏のテントの隣にある、藤村氏のテントである。こちらは通常のテントよりも背が高く、膨らんだような形をしている。寝るためではなく、過ごすためのテントをつくったという。

 内側から膨らむように、自立するフレームの外側をテント生地で少しルーズに包み、半分は閉じて半分は開いた「クロープン(Clopen)」な空間を設けた。

RFAの藤村龍至氏は、立ったまま通り抜けられる道のようなテントをデザインした。出入り口が2カ所ある(写真:日経クロステック)
RFAの藤村龍至氏は、立ったまま通り抜けられる道のようなテントをデザインした。出入り口が2カ所ある(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
骨に皮をかぶせた、衣服のような膨らみを意識したという。モンゴルの遊牧民が暮らすパオに近い発想のテントだ(写真:日経クロステック)
骨に皮をかぶせた、衣服のような膨らみを意識したという。モンゴルの遊牧民が暮らすパオに近い発想のテントだ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 既製のテントは空間としては閉じており、かつ生地をかなり強く引っ張ってテントの形にしている。藤村氏はそうではないものを考え、骨に皮を重ねる衣服のようなテントに行き着いた。だが衣服のような膨らみを持たせるのに苦労したという。

 藤村氏はこのテントを「脱東京・遊牧民の包(パオ)」と呼ぶ。伊東豊雄氏が1985年に発表した「東京遊牧少女の包」が家具の延長から生まれたのに対し、藤村氏は服や家の延長として再定義した。

 「大都市(メトロポリス)のインテリアから超都市(ハイパービレッジ)の里山に飛び出し、内向きに包むものから多様性を包むものに進化した現代遊牧民(コロナ禍のノマドワーカーなど)のためのテント」とのことだ。

藤村氏がスタディーしたテントの形の変遷(写真:藤村 龍至)
藤村氏がスタディーしたテントの形の変遷(写真:藤村 龍至)
[画像のクリックで拡大表示]

 次は谷尻氏のテントである。こちらはもはやテントではなく、建築物そのものといえる。

SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズデザインオフィス)を共同主宰する谷尻誠氏がデザインした石のサウナ。もはやテントではなく建築物そのもの(写真:日経クロステック)
SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズデザインオフィス)を共同主宰する谷尻誠氏がデザインした石のサウナ。もはやテントではなく建築物そのもの(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 週末はキャンプなど自然の中で過ごすことが多いという谷尻氏は、テントを知り尽くしている。にもかかわらず、今回はあえてテントではなく、石を積み上げてサウナをつくった。「大地を最大限感じられる体験をデザインした」(谷尻氏)

 中に入るとストーブとベンチがあり、谷尻氏自らまきを燃やしていた。服を着たまま入れて、寒さをしのげるサウナといったところか。

中にはストーブがあり、服を着たまま3人ほど入れる。右が谷尻氏。筆者も一緒に入ってみたが、中はかなり暑い(写真:日経クロステック)
中にはストーブがあり、服を着たまま3人ほど入れる。右が谷尻氏。筆者も一緒に入ってみたが、中はかなり暑い(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 レセプションには姿を見せなかった長谷川氏のテントは一見、どこにでもありそうな山形をしている。しかしよく見ると、てっぺんに穴が開いている。

長谷川豪建築設計事務所の長谷川豪氏がデザインしたテントは、黒い富士山のようだ。外観はどこにでもありそうな末広がりな形をしている(写真:日経クロステック)
長谷川豪建築設計事務所の長谷川豪氏がデザインしたテントは、黒い富士山のようだ。外観はどこにでもありそうな末広がりな形をしている(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 長谷川氏は自身のテント体験から、「自然が豊かな場所で寝泊まりするものなのに、テントは外界から閉じていて自然との関わりが薄い」ことが気になっていた。そこで人と自然の関係性を改めて考え直した。

 目を付けたのは、山に生えている草花だ。気に入った植物を包み込むように、透明の円柱を立てる。あとはフレームを使わずに、窓代わりになる円柱と生地だけでテントを張る。

 月明かりに照らされる草花と一夜を共にするという、ロマンチックなテントだ。大地と対話するテントでもあるという。できれば毎日、草花を探しながら移動してテントを張り直したいところだが、展覧会では難しい。それでも会期中に数回は他の草花を見つけて、テントごと「引っ越し」する予定だ。

キャンプ地で気に入った草花を見つけたら透明の円柱(窓)に納め、その周りにテント生地を張る。夜はてっぺんから差し込む月明かりに照らされた草花と一緒に過ごす。撮影した日は月が出ておらず、辺りは真っ暗。仕方なく、内部を人工的に照らした。それでも中は幻想的な雰囲気に包まれた(写真:日経クロステック)
キャンプ地で気に入った草花を見つけたら透明の円柱(窓)に納め、その周りにテント生地を張る。夜はてっぺんから差し込む月明かりに照らされた草花と一緒に過ごす。撮影した日は月が出ておらず、辺りは真っ暗。仕方なく、内部を人工的に照らした。それでも中は幻想的な雰囲気に包まれた(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国を拠点にしているOMAパートナーの重松氏も会場にいなかった。テント(モバイルスペース)は不思議な形をしており、本人にデザインの意図を直接聞けなかったのは残念である。

 重松氏が持ち込んだのは、自由に折り曲げられる正方形のマットだ。同じマットも曲げ方次第で、多様なパーソナル空間になり得ることを提示している。使う人の体や用途が、具体的な形になって表れる。

写真手前が、OMAパートナーである重松象平氏のテント(モバイルスペース)群。グレーの正方形マットは折り曲げ方を変えることで、多様なスペースに早変わりすることを提示している(写真:藤村 龍至)
写真手前が、OMAパートナーである重松象平氏のテント(モバイルスペース)群。グレーの正方形マットは折り曲げ方を変えることで、多様なスペースに早変わりすることを提示している(写真:藤村 龍至)
[画像のクリックで拡大表示]

 コロナ禍で個人の領域が改めて注目される今、自分で自分の環境をつくるという人の原点や楽しさを提案したかったという。子どもが布団で基地をつくるような感覚に近い。