全2784文字
PR

 2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の「基本計画」を、運営主体である「2025年日本国際博覧会協会」が2020年12月25日に発表した。ポイントは次の5つ。「海と空を感じられる会場」「世界中の『いのち輝く未来』が集う万博」「未来の技術と社会システムが見える万博」「本格的なエンターテインメントを楽しめる万博」「快適、安全安心、持続可能性に取り組む万博」だ。注目は、基本計画で初めて明らかになった会場計画と事業構成である。

大阪・関西万博の会場イメージ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
大阪・関西万博の会場イメージ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]
会場の配置計画(資料:2025年日本国際博覧会協会)
会場の配置計画(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]
海も会場の一部とする(資料:2025年日本国際博覧会協会)
海も会場の一部とする(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]
夕方の会場イメージ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
夕方の会場イメージ(資料:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]
20年12月25日に「基本計画」を発表した記者会見の様子(写真:2025年日本国際博覧会協会)
20年12月25日に「基本計画」を発表した記者会見の様子(写真:2025年日本国際博覧会協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 基本計画とは、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を体現する様々な参加形態や事業の構成、会場デザインを含む会場計画、運営計画、資金計画などをまとめたマスタープランのことだ。この基本計画を基に、国や企業、団体、自治体などの参加を促す。

 万博の開催期間は、25年4月13日~同年10月13日。日本国際博覧会協会は想定来場者数を約2820万人と見込む。会場は大阪市臨海部の夢洲(ゆめしま)で、会場面積は155万m2

 パビリオンなど施設の設計は21~22年、工事は23~24年を予定している。敷地の埋め立てや盛り土は既に始まっており、22年に完了する。会場までのアクセスとして大阪メトロ中央線を延伸し、会場直結の「夢洲駅」を建設する。24年の駅開業を目指す。

 会場建設費は約1850億円。当初試算の約1.5倍の金額になった。内訳は、施設整備費が約1180億円、基盤・インフラ整備費が約670億円だ。その他に運営費としては約809億円を見込む。