全2341文字
PR

 コンパクトデジタルカメラ、通称コンデジは平成を代表するIT機器の1つだ。その先駆けとなったのは、カシオ計算機(以下、カシオ)が1995年(平成7年)に発売した「QV-10」だろう。

 QV-10の登場以前にもデジタルカメラは存在したが、大型だった。QV-10は幅13×奥行き4×高さ6.6センチ、約190グラムというサイズを実現。単3乾電池4本で駆動し、どこでも手軽に撮影できた。センサーサイズは1/5インチ、撮影画像の解像度はQVGA(320×240)だった。時の流れを感じさせるスペックだ。

カシオのコンパクトデジタルカメラ「QV-10」
カシオのコンパクトデジタルカメラ「QV-10」
[画像のクリックで拡大表示]

 この機種は、本体内に96枚の写真を保存できた。カシオによると、企画時の蓄積可能枚数はフィルムカメラに見られた24枚だったが、当時の社長の「いや、100枚撮れたほうがいい」という鶴の一声で、メモリーを4倍にして96枚になったという。

 外部記憶媒体はサポートしていなかったが、当時はmicroSDもSDも、CFもまだ無かった。PCに専用ソフトウエアをインストールして、QV-10とシリアルケーブルでつなぐことで、写真を取り込めた。レンズ部分が回転可能な斬新なデザインを覚えている人も、いるかもしれない。レンズはF2と明るめで、フラッシュは省略された。

 価格は6万5000円で、先行して発売されたデジタルカメラより安かったという。日立製作所の「SH-3」という汎用CPUを採用して、画像処理のほとんどをソフトウエアで行う作りにして、コストを抑えたという。

 このQV-10、飛ぶように売れた。カシオは発表時、当初月産台数を3000台としていたが、蓋を開けてみると1年間で20万台出たという。1カ月平均で1万6600台が売れるヒット商品となった。

レンズ部分は回転させることが可能だった
レンズ部分は回転させることが可能だった
[画像のクリックで拡大表示]