全4030文字
PR

 シーリングライトにプロジェクターとスピーカーを組み合わせ、 “世界初の3in1スマートライト”をうたう「popIn Aladdin」(ポップインアラジン)。その最終組み立てと出荷前検査は、2014年にソニーのパソコン事業部門が分離・独立し、パソコン製造およびEMSのメーカーとなったVAIOが担当した。

 長野県安曇野市にあるVAIOの工場の一角に設けられたpopIn Aladdin組み立てラインは、あっけないほどシンプルだ。同社が手掛けている、顧客からのオーダーに合わせて異なる部品を組み合わせていく “一品一様”のノートパソコンに比べ、popIn Aladdinは全品同じ仕様であり、加工個所も少ないのでラインを短くするのは容易だったという。

VAIOの工場の一角に設けられたpopIn Aladdin組み立てライン
VAIOの工場の一角に設けられたpopIn Aladdin組み立てライン
製品が大きいためラインのスペースは大きいが、工程はシンプルだ(写真:日経 xTECH編集部)
[画像のクリックで拡大表示]