全4886文字
PR

 約6万円もする鏡が予約受付初日に受注200個――相当な高額製品にもかかわらず出足が好調なのは、2017年に設立されたベンチャー企業、Noveraが2019年内の発売を予定するスマートミラー「novera」(予約価格が5万9800円、通常価格は6万9800円、いずれも税別)だ(プレスリリース)。カメラを備え、インターネットに接続する、いわゆる「デジタルミラー」に当たる。鏡に向かうだけで肌や健康、ストレスなどの状態を分析して記録・管理する機能や、スキンケアのやり方やメイク法を鏡像に合わせて表示するARシミュレーション機能などを備える。

スマートミラー「novera」
スマートミラー「novera」
カメラを備え、インターネットに接続し、ディスプレー機能を備える(図:Novera プレスリリース)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、noveraは単なる美容に向けたデジタルミラーではない。最大の特徴は、人気の声優による「キャラクター」との対話機能だ。『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役を演じた梶裕貴氏、『コードギアス 復活のルルーシュ』ルルーシュ役などの福山潤氏、『テニスの王子様』跡部景吾役などの諏訪部順一氏といった、そうそうたる声優陣がオリジナルのキャラクターに扮(ふん)し、ユーザーに話し掛けて調子などを尋ねる。鏡に向き合うプライベートな時間に、イケメン声優の声で優しく見守られる――アニメや声優に熱を上げる女性であれば、思わず財布のひもを緩めてしまうのは、想像に難くない。