全1486文字

著名なセキュリティーリサーチャーのpiyokango氏が注目のシステムトラブルをピックアップ。今週の注目ネタは……。

 今回はシステムトラブルに関するトピックを3つを取り上げる。セキュリティーソフトが銀行アプリを「危険」と判定する不具合、UUUMが認証キーを誤って公開していたトラブル、日本栄養士連盟の不正アクセス被害である。

山陰合同銀行や荘内銀行など6行での不具合を確認

 山陰合同銀行と荘内銀行はそれぞれ2022年11月7日に、オンラインバンキングに利用するアプリ(銀行アプリ)がセキュリティーソフト「ノートン360」によって起動できなくなる不具合を確認したと公表した。iPhone上で銀行アプリ起動しようとすると、ノートン360が「危険サイト このサイトは使用しないことをお勧めします」という警告を表示するという。

山陰合同銀行がスマホアプリ「ごうぎんアプリ」の不具合を解消する方法を公開
山陰合同銀行がスマホアプリ「ごうぎんアプリ」の不具合を解消する方法を公開

 両行はこの警告が出たときの対処方法として、同じ方法を示している。まず警告部分をクリック。次に「危険 (※編集部注:ここには具体的なドメイン名が入る)):443 このサイトは使用しないことをお勧めします」の画面が表示されたら、「サイトのアクセスを許可する」をタップする。最後に銀行アプリを再起動すれば利用できる。

 豊和銀行が2022年11月8日に、岩手銀行が11月9日に、愛知銀行と七十七銀行がそれぞれ11月14日に、同様の不具合を公表していことを確認できた。

岩手銀行は画面写真を使って不具合解消方法を説明
岩手銀行は画面写真を使って不具合解消方法を説明

 一方、ノートン360を提供するノートンライフロックは2022年11月8日、同社Webサイトのサポートページにおいて銀行アプリで発生している問題を示し、解決する方法を紹介した。ノートン360を一度アンインストールして再度インストールすれば解決するとしている。

ノートンライフロックが示した銀行アプリの不具合を解消する方法はノートン360の再インストールだった
ノートンライフロックが示した銀行アプリの不具合を解消する方法はノートン360の再インストールだった
(山陰合同銀行の発表資料) (荘内銀行の発表資料) (岩手銀行の発表資料) (ノートンライフロックの発表資料)