全3150文字

 世界各地に続々と登場する電池「交換式」モビリティー。短いものなら10秒未満で電池を交換できて、航続距離が“無限”になったかのように連続して走れる。電気自動車(EV)を含む電動モビリティーの欠点を補うこの仕組みは実は、車両メーカーが新たな収益の柱を得るための試金石という側面がある。先陣を切ったベンチャー企業を追って、ホンダやヤマハ発動機などの大手メーカーが進出を果たし、本格的な競争のフェーズに突入した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い