全3639文字

超小型電気自動車(EV)の復活に向けてトヨタ自動車とホンダが動き出した――。2010年ごろから自動車メーカー各社が続々と発表してきた超小型EVだが、日本では普及のめどが立たずにいる。メーカー首脳が「政府や業界団体の後押しが必要」と口をそろえる一方で、コストが高かったり、充電に時間がかかったりと車両側にも欠点が残る。解決への糸口として各社が開発を進めるのは、電池パックを「交換式」にする技術だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い