全3219文字
PR

 電池を「交換式」にした電気自動車(EV)のゴミ収集車が走り出した――。2019年2月から川崎市が運用を始めた同車両は、商用EVの欠点を埋めるカギとなる電池「交換式」の技術を搭載している。充電による待ち時間を大幅に減らし、車両の稼働率を高めるものだ。環境規制を背景に、世界的なEVシフトの波は商用車にも押し寄せ、トラックやバス、建設機械などで同技術の適用が広がっていく。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料