全1086文字
PR

デジタル化を担う人材3000人に対し、主要IT企業22社に関するイメージを尋ねた。その結果を報告する。今回は「スキルが高まる」企業を挙げてもらった。

 デジタルの仕事を担う3000人を対象に実施した調査で、主要IT企業22社に対するイメージを調べた(調査概要は本文末尾)。今回はスキルを取り上げる。

 デジタル人材が最も「スキルが高まる」として挙げたのは、577票を得た野村総合研究所(NRI)だ。無回答を除く回答者2280人のほぼ4人に1人が同社に票を投じた。2番目に多かったNTTデータ(436票)と140票以上の差をつけた。

 NRIは研修や社内講座などの社員教育に力を入れており、同社の人材開発部が主催する講座は300近くあるという。同社の資料によると、1人当たりの年間研修費用は41万円で、日本企業の平均である7万4000円の5倍以上だ。

 10位には人工知能ベンチャーのPreferred Networks(228票)がランクインした。高い技術力に定評があることが「スキルが高まる」イメージにつながっているとみられる。

「スキルが高まる」と思う企業(1~10位)
n=2280、複数回答
順位会社名票数
1野村総合研究所(NRI)577
2NTTデータ436
3ソニー431
4ソフトバンク360
5楽 天359
6LINE345
7ヤフー304
8メルカリ261
9日立製作所247
10Preferred Networks(プリファードネットワークス)228