全2390文字
PR

建材にセンサーを埋め込む

 IoTの機能を組み込ませて、他のデバイスと連携させるようにした新たな建材・設備も登場し始めた。凸版印刷が開発した、センサーを搭載する床材「ロケーションフロアー」や体重計を組み込む「ステルスヘルスメーター」はその一例だ。外部のシステムとの連動によって、IoT建材としての機能を発揮する。

 例えば、ロケーションフロアーは、床が居住者の位置情報を捉え、場所や動きを感知する。見守りシステムと組み合わせれば、居住者が転倒して動かなくなった状況などを検知して、アラートを出すことが可能だ。

 ステルスヘルスメーターは、床に仕込んだ体重計で計測したデータを活用できる。健康管理のシステムと組み合わせれば、居住者の健康をリアルタイムにチェック可能だ。

 次回以降は、IoT建材に取り組む、主な建材・設備メーカーの戦略を深掘りしていく。各社がどのような考え方でIoT化を進めているのかを探る。

床材にセンサーを組み込んだ「ロケーションフロアー」は、居住者が意識することなく、人の動きなどをセンシングできる。デモンストレーションではトイレ内の床に使用して、トイレへの出入りなどを検知した(写真:日経 xTECH)
床材にセンサーを組み込んだ「ロケーションフロアー」は、居住者が意識することなく、人の動きなどをセンシングできる。デモンストレーションではトイレ内の床に使用して、トイレへの出入りなどを検知した(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
ステルスヘルスメーターのデモンストレーションでは、洗面台前の床の四角い枠で囲んだ部分に体重計が埋め込んであった(写真:日経 xTECH)
ステルスヘルスメーターのデモンストレーションでは、洗面台前の床の四角い枠で囲んだ部分に体重計が埋め込んであった(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
洗面台の前に立ち、顔を洗ったり身支度をしたりしている間に、体重などを測定。体脂肪率や筋量なども測定できる(写真:日経 xTECH)
洗面台の前に立ち、顔を洗ったり身支度をしたりしている間に、体重などを測定。体脂肪率や筋量なども測定できる(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]