全7149文字

 CASE時代においては、エンジンや駆動・伝達系の部品に代表されるメカトロニクス・熱マネージメント部品や成形加工部品の一部の消失が見込まれ、既存製品を核とした企画力の向上、開発の効率化、システム化やソリューションへの展開だけでは成長に限界が来るサプライヤーが現れる。次世代への備えとして、どのような取り組みを強化すべきか。その一つに新規事業がある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い