全7588文字

 CASE時代に向けて、材料メーカーも抜本的な変革が求められるのだろうか。材料、特に機能材料は、製品機能や生産プロセスで差別化できることが多く、ビジネスモデルで大きく差が付くケースは少ない。技術の研さんによって変化するユーザーの要求機能に対応する、すなわちスペックインを成り立たせることが、材料メーカーにとっての定石的な勝ちパターンである。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料