PR
全2343文字

 今年は東京でオリンピック・パラリンピックが開かれる年です。そこでオリンピック開催のたびに発売される隠れたヒットタイトル「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック」(Nintendo Switch用ソフト/発売:セガゲームス)を紹介します。単なる季節ものではない、奥深い仕掛けが隠されているのです。

キミタチ、チョット気合入りすぎだよ、ついていけない…(イラスト:闇雲)
キミタチ、チョット気合入りすぎだよ、ついていけない…(イラスト:闇雲)
[画像のクリックで拡大表示]
*:2008年開催の北京オリンピックの際にシリーズがスタートし、2010年のバンクーバーオリンピック、2012年のロンドンオリンピックと、夏冬のオリンピック開催に合わせ、2年ごとに制作・発売されている。ただし、2016年の平昌オリンピックの際はライセンスの関係で制作されていない。

 「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック」は任天堂のマリオ、セガのソニックをはじめとする両社の人気キャラが総出演するシリーズの最新作です。オリンピック種目をモチーフにした何10個ものミニゲームが楽しめるパーティーゲームです。2008年に発売されたシリーズ第1弾「北京オリンピック」の1000万本を皮切りに、2年おきにビッグヒットを飛ばし続ける隠れた人気シリーズでもあります。

「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック」のタイトル画面
「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック」のタイトル画面
Nintendo Switch用ソフトとして2019年11月1日にセガゲームスから発売された。家庭では4人まで、オンライン対戦では最大8人対戦が可能だ(TM IOC/TOKYO2020/USOC 36USC220506. (c)2019 IOC. All Rights Reserved. (c) NINTENDO. (c)SEGA.)
[画像のクリックで拡大表示]

 なんだ季節ものかと思うなかれ。このゲームのすごさは、大人と子どもが真剣勝負を楽しめるところにあります。世の中にある大半のゲームでは、子どもを楽しませるために大人が手加減してあげる必要があったりしますが、このゲームではその心配はありません。大人と子どもがともに真剣にプレーでき、対等の立場で闘えるのです。

オリンピック競技をモチーフにした多数のミニゲームを楽しめる
オリンピック競技をモチーフにした多数のミニゲームを楽しめる
2020東京大会だけでなく、1964年東京大会をモチーフにしたモードもある。(TM IOC/TOKYO2020/USOC 36USC220506. (c)2019 IOC. All Rights Reserved. (c) NINTENDO. (c)SEGA.)
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜ対等の立場で闘えるのか? 実は独特な操作方法を採用してむしろ子どものほうが有利になるように設計しているからです。子どもが大人と対戦しても、ちゃんといい勝負になるようにうまくゲームのバランスを取っているのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い