全3870文字

 およそ1000人の「マリオ」が「ハテナブロック」をたたきまくる――。ゲーム好きや任天堂ファンを夢中にさせるイベントが、米ニューヨークで2020年2月19日(現地時間)に開催された。主催したのは、大阪のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」を運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)。USJで2020年夏にオープン予定の新エリア「SUPER NINTENDO WORLD(スーパー・ニンテンドー・ワールド)」のプロモーションとして開催した。同社にとって、新エリアのプロモーションイベントを催すのは今回が初めてである。

プロモーションイベントの様子。大勢の参加者が一斉に「ハテナブロック」をたたいている
プロモーションイベントの様子。大勢の参加者が一斉に「ハテナブロック」をたたいている
(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 SUPER NINTENDO WORLDはUSJに2020年の東京オリンピック・パラリンピック開幕前にオープン予定の世界初の「任天堂エリア」。新技術を惜しみなく投じた、ユー・エス・ジェイ肝いりの大型プロジェクトである。総投資額は600億円超と、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(以下ハリー・ポッターエリア)」の約450億円を上回り、USJにおける過去最高の投資額になる。それだけに、ニューヨークのイベントは同社の意気込みが伝わる豪華な内容だった。

 新エリアで重視するのは、ゲームの世界観の現実への再現である。今回のプロモーションイベントでもそれを強くアピールした。多くの人がマリオと言えば「空中のブロックを下からたたいてアイテムやコインを出す」プレーを思い浮かべる。そこでたたくとアイテムやコインなどが出現するハテナブロックを多数設置、イベント参加者が実際にブロックをたたいて楽しめる構成にした。

「ハテナブロック」
「ハテナブロック」
(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 新エリアSUPER NINTENDO WORLDでは、任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズに登場する「ピーチ城」や「クッパ城」を実際に建設。ゲーム世界の乗り物、キャラクターをテーマにしたアトラクションやレストランなどを展開する。例えば、マリオカートのアトラクションや、恐竜キャラクター「ヨッシー」の背中に乗るファミリー向けのライドアトラクションを準備中だ。中でもマリオカートについては、「革新的な技術を盛り込んだ」(イベントに登壇した米ユニバーサル・パークス&リゾーツ国際事業担当プレジデントCOOのペイジ・トンプソン氏)と期待をあおった。

イベントの開始前に挨拶するユニバーサル・パークス&リゾーツのトンプソン氏
イベントの開始前に挨拶するユニバーサル・パークス&リゾーツのトンプソン氏
(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料