全4617文字
PR

 Nintendo Switch用タイトル「あつまれ どうぶつの森」(以下、あつ森)の勢いが止まりません。任天堂は2020年5月7日に開催した決算説明会で、あつ森が3月20日の発売からわずか6週間で日米欧3地域の実売数が累計1341万本に達したと発表しました。これは「ニンテンドー3DS」版の前作「とびだせ どうぶつの森」の累計販売数1255万本を100万本近く上回る数字です。

名画とトップファッションですてきでしょ?
名画とトップファッションですてきでしょ?
(イラスト:闇雲)
[画像のクリックで拡大表示]

ハリウッドセレブもあつ森にくぎ付けの大人気

 今回の1341万本という数字がいかに爆発的なヒットなのかちょっと計算してみましょう。ニンテンドー3DSで家族3人が遊ぶ場合はソフトが最大3本売れます。個人で遊ぶ携帯ゲーム機なので、1人1本ずつソフトを購入する必要があるからです。一方のSwitchはリビングなどの置いて家族みんなで遊べる据え置き型ゲーム機です。だからあつ森も一家に1本あれば家族全員が楽しめます(あつ森の場合はSwitch1台で最大4人まで登録可能)。

 つまりSwitch用のタイトルは3DSタイトルより多くの家庭に行き渡らないと同じ本数にならないのです。実際は携帯性を高めた「Nintendo Switch Lite」もあるので1人1本の需要はもう少しありそうですが、こう考えると今回の数字のすごさが理解いただけると思います。

 しかも発売後わずか6週間でこの数字です。「過去最大の滑り出し」(任天堂)の勢いで、現時点のSwitch用としては最大ヒットのお化けタイトル「マリオカート8 デラックス」の2477万本にどこまで迫るかが見ものになってきました。

どうぶつたちとともに無人島でスローライフを楽しむ「あつまれ どうぶつの森」
どうぶつたちとともに無人島でスローライフを楽しむ「あつまれ どうぶつの森」
発売わずか6週間で累計1341万本を売るなど全世界で爆発的なヒット中。(c)2020 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]

 爆発的な人気の証拠に、多くの有名人たちがあつ森にハマっています。ハリウッドセレブを例にとると、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのフロド役で世界的人気スターになったイライジャ・ウッド、「キャプテン・マーベル」ことブリー・ラーソン、「デスペラード」の寡黙な殺し屋ダニー・トレホなどがあつ森を楽しんでいると確認されています。一般プレーヤーの島にハリウッドセレブがふらりと出没するといったサプライズも発生しているようです。

「キャプテン・マーベル」ことブリー・ラーソンの公式インスタグラム
「キャプテン・マーベル」ことブリー・ラーソンの公式インスタグラム
あつ森柄のシャツを着用、手にはあつ森モデルのSwitchを持った姿を投稿した(出所:インスタグラム)