全3042文字
PR

 2020年6月12日。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)の新しい据え置き型ゲーム機「プレイステーション 5」(以下、PS5)が発表されました。

PS5をわたし流に読み解くキーワードは「すごく大きい」と「スタイリッシュ」です
PS5をわたし流に読み解くキーワードは「すごく大きい」と「スタイリッシュ」です
(イラスト:闇雲)
[画像のクリックで拡大表示]

 PS5の発表はオンラインのみで行われました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下新型コロナ)の世界的な流行の影響で例年この時期に開催される大きなゲームイベントが中止になったせいもあるはずです。

ついに発表された「プレイステーション 5」
ついに発表された「プレイステーション 5」
中央がUltra HD Blu-rayディスクドライブを備えたスタンダード版。左がディスクドライブを省略したダウンロード専用機「PS5 Digital Edition」、右は新しいコントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー」。(出所:SIE)
[画像のクリックで拡大表示]

 そのせいか、テレビのニュースなどでもあまり大きく取り上げられておらず、ゲーム情報を積極的にチェックしていない方はピンと来ていないかもしれません。そこで「すごく大きい」と「スタイリッシュ」という2つのキーワードからPS5がどんなゲーム機かをわたし流に読み解いてみます。

 まずは「すごく大きい」。SIEはPS5のサイズや重量、価格などをまだ公表していません。ですのでサイズは推定になるのですが、スタンダード版PS5の正面右にあるBlu-rayディスクなど光学メディアを差し込むスロットのサイズから推定できるPS5の高さは約40cmと巨大です。少なくとも過去のプレイステーションシリーズで最大のサイズになるのは間違いなさそうです。

 「スタイリッシュ」は一目瞭然ですね。これは大人のためのゲーム機だよ! 小さな子どもが遊ぶためのゲーム機じゃないよ! と言わんばかりの格好いいデザインです。

 ここから読みとれるのは、PS5は「性能アップに全く妥協しなかったぞ」というメッセージです。