PR
全3907文字

 産業用ロボットや自動化セル、自動倉庫などによる徹底した自動化と、IoT(Internet of Things)による設備監視などを駆使して、生産ラインの直接作業者を従来の1/3にまで減らし、生産能力を1.5倍に、1人当たり生産高を4倍にした工場がある。タレットパンチプレス(タレパン)用のパンチング金型を生産するアマダ土岐事業所(岐阜県土岐市)の「T876工場」だ(図1*1

図1 アマダ土岐事業所の「T876工場」
図1 アマダ土岐事業所の「T876工場」
パンチング金型を生産する。自動化・IoT化技術を駆使して高い生産性と省人化を実現した。2017年10月に稼働を開始した。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
*1 T876工場の事業主体はアマダツールプレシジョン(本社神奈川県伊勢原市)となる。

365日×24時間止まらない工場を目指す

 T876の「T」は「土岐」と「ツール」を意味し、「876」は、同工場が365日×24時間=8760時間止まらない工場を目指すとの意で名付けた。同工場で生産するのは、パンチング金型のうち、小径(1/2インチおよび1-1/4インチ)の標準品の「パンチ」と「ダイ」、「ガイド」(図2)。かつてはアマダの伊勢原事業所にあった生産機能を移管し、2017年10月に稼働を開始した。3万本/月の生産能力を有する。

図2 T876工場で生産する小径のパンチング金型部品
図2 T876工場で生産する小径のパンチング金型部品
パンチとダイ、ガイドを生産する。スプリングの生産は外注している。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 パンチング金型はパンチ・ダイ・ガイドに「スプリング」を組み合わせ、ガイドに挿入したパンチとダイで鋼板を打ち抜いて穴を開けるツール。近年は、タレパンに代わってレーザー加工機が台頭しているものの、「今なおアマダ製タレパンが3万台以上稼働しており、万全の生産・供給体制を整えて顧客の要望に幅広く応える必要がある」〔アマダツールプレシジョン(本社神奈川県伊勢原市)代表取締役社長の山川雄一氏〕。

 しかも、同工場で生産するパンチ・ダイ・ガイドは形状や材質の違いで合計128種類もある上、これらに顧客が指定する刃先寸法を組み合わせるとバリエーションは10万種以上に上る。この多種多様な金型部品を、顧客の求めに応じて短納期で製造・納入するために、生産効率向上と短納期を実現すべくT876工場で挑んだのが、冒頭に述べた徹底した自動化とIoT化、ワークのトレーサビリティー管理というわけだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い