PR
全2096文字

 旭化成メディカルMTのプラノバ工場は、ウイルス除去フィルター「プラノバ」の品質向上を目的に、人工知能(AI)によるデータ分析に取り組んでいると明らかにした。プラノバは、例えば20nm程度の大きさのウイルスを透過させず、15nm程度のたんぱく質を透過させる繊維(中空糸膜)を利用したフィルター装置。生体由来のたんぱく質製剤や、生物の細胞を利用して製造するバイオ医薬品において、ウイルスによる汚染を除去する目的で利用する。このフィルターにおける“穴”の大きさのバラつきを低減するのに、AI技術開発のスカイディスク(本社福岡市)による技術を取り入れている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い