全3049文字
PR

 米HPから魅力的なモバイルノートが登場した。13インチ(13.3インチ)ディスプレーのモデルとしてはフットプリントが世界最小の「HP Spectre x360 13」である。これで回転式の2in1というのだから素晴らしい。言うまでもなく、回転式の2in1はクラムシェルよりも大きく、重くなりがちなのだ。

 Spectreシリーズは、HPの中でもプレミアムなモデルだが、直販価格は13万2000円(以下、価格は全て税別)から。「攻めている」価格設定だと思う。ではこのモデルは「お買い得」といえる出来なのだろうか。メーカー担当者の話を交えながら、レビューしていこう。

HP Spectre x360 13
HP Spectre x360 13
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

ラインアップが分かりにくい

 HPのWebサイトは少々分かりづらい。とてもモデル数が多く、型番が似通っているものも多いためだ。さらに、前モデルの情報も掲載されているので、該当機種が見つけづらいと感じる方も多いのではないか。この点に関しては、「現在も試行錯誤中で、徐々に解消されていくはず」(日本HP Eコマース事業本部コンシューマービジネス本部本部長 沼田綾子氏)とのことだ。

HP Spectre x360 13の本体サイズについて説明する日本HP Eコマース事業本部コンシューマービジネス本部本部長の沼田綾子氏(右)とコンシューマー事業本部製品部プロダクトスペシャリストの柴田雄紀氏(左)
HP Spectre x360 13の本体サイズについて説明する日本HP Eコマース事業本部コンシューマービジネス本部本部長の沼田綾子氏(右)とコンシューマー事業本部製品部プロダクトスペシャリストの柴田雄紀氏(左)
(この写真のみ編集部で撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 HP Spectre x360 13は多くの構成が選べるが、今回は有機ELを採用し、 Core i7にメモリー16Gバイト、ストレージに1TバイトのSSDというぜいたくな構成の「パフォーマンスプラス」モデルを使ってみた。価格は18万5000円から。スペックを考えると、コストパフォーマンスは非常に高い。

 デザインは従来のSpectreシリーズにかなり近い。エッジを強調した角張ったスタイルで、ゴールドがアクセントとして配色されている。個人的には、少々派手すぎると感じてしまう。「以前にシンプルなシルバーもラインアップしたことがあるが、このカラーのほうが人気は高かった」(沼田氏)。

 当初のモデルに比べると、ゴールドの部分に細かなラインが入っており、光沢を抑えている。ただそれでも、派手なことは変わらない。

カラーはつやを抑えたアッシュブラックもしくはポセイドンブルー。ゴールドがアクセントになっている
カラーはつやを抑えたアッシュブラックもしくはポセイドンブルー。ゴールドがアクセントになっている
[画像のクリックで拡大表示]
このカクカクとしたスタイルが独特だ。エッジの部分は「エメラルドカット」と命名されている
このカクカクとしたスタイルが独特だ。エッジの部分は「エメラルドカット」と命名されている
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料