全1117文字
PR

 ZOZOがプライベートブランド(PB)で配布している体形計測スーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」。日経 xTECHの独自調査で、注文者の約4割が着用していなかったり、着用していても計測に失敗したりするなど、実質計測をしていない事実が浮き彫りになった。

 調査では、計測後に顧客がPB商品を注文したかを聞いた。結果、計測に成功した約6割の顧客のうち、その後PB商品を注文したのは57.4%。4割以上がPB商品を注文していなかった。

ゾゾスーツを着用して計測に成功した顧客のうち、PBを注文したのは約6割
ゾゾスーツを着用して計測に成功した顧客のうち、PBを注文したのは約6割
[画像のクリックで拡大表示]

 PB商品に対する満足度は、「大変満足」「まあまあ満足」を合計すると80.8%と高い。PB商品を購入した顧客のうち8割以上が満足している結果となった。

PB商品を注文した顧客の8割以上が満足
PB商品を注文した顧客の8割以上が満足
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、PB商品を注文しなかった4割の顧客にその理由を聞いたところ、「自分の体を計測することだけに興味があったから」が56.8%と最も高かった。商品自体に魅力を感じなかったとの回答も4割以上だった。