全1853文字
PR
人道橋「さくらみらい橋」から横浜市役所新庁舎を望む(写真:安川 千秋)
人道橋「さくらみらい橋」から横浜市役所新庁舎を望む(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

 横浜港に注ぐ大岡川の河口から100mほど上流に2020年6月、人道橋「さくらみらい橋」が架かりました。橋は川のそばに移転・新築した横浜市役所の完成に合わせ、市が整備しました。JR・地下鉄桜木町駅方面から大岡川をまたぎ、市役所の2階デッキまでつながっています。

 新庁舎の周辺では、官民それぞれの再開発が進んでいます。将来は桜木町駅方面との往来に1日当たり約10万人の歩行者交通量が見込まれています。

 大岡川のすぐ上流側には、半世紀ほど前に完成した国道133号の弁天橋が架かります。しかし、下流側の歩道幅員は4.2mしかなく、たくさんの歩行者をさばききれません。市は安全な歩行ルートの確保や周辺エリアとの連携強化、来街者の回遊性向上などを目的に、さくらみらい橋を整備したのです。

弁天橋の下流側歩道から、さくらみらい橋を見上げる。桁高は写真右手前の2mから左奥の1.5mへと徐々に変化する(写真:安川 千秋)
弁天橋の下流側歩道から、さくらみらい橋を見上げる。桁高は写真右手前の2mから左奥の1.5mへと徐々に変化する(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロポーザルを経て設計を手掛けたのは、八千代エンジニヤリングを代表とする設計チームです。架設地点には弁天橋に加え、首都高速横羽線のトンネルなども近接します。

 「与条件が厳しく、協議先も多い。設計の条件が途中で変わることもあり得ると考え、変更に対応しやすい箱桁構造を提案した」。同社名古屋支店道路・構造部の水津紀陽部長はこう振り返ります。

 市役所などへの重要なアクセス路となるさくらみらい橋は、上から見ると何かの字の形に似ています。どのような形をしているでしょうか。

  1. 未知なる発展に期待を込めた「X」の字形
  2. 横浜(Yokohama)の頭文字と同じ「Y」の字形
  3. 大好きな街への気持ちを表した「ホ」の字形