全1407文字
PR
一夜のうちに設置された日比谷線上野駅のホームドア(写真:大上 祐史)
一夜のうちに設置された日比谷線上野駅のホームドア(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラットホームから線路内への転落事故や、ホームにおける人と列車との接触事故を防ぐホームドア。東京地下鉄(東京メトロ)は2025年度までに、全路線の180駅でホームドアの設置を目指しています。

 20年12月時点で銀座線と丸ノ内線、千代田線、有楽町線、南北線、副都心線の全駅で設置が完了。現在は日比谷線と東西線、半蔵門線で設置工事を進めています。

 終電から始発までの限られた時間で、ホームドアの設置工事は実施されます。気になるのはホームドアの搬入方法です。例えば日比谷線上野駅の場合、ホームドアをどうやってホームに搬入したのでしょうか。

  1. 地上から貨物用エレベーターを使ってホームに搬入した
  2. 駅構内に作業者を等間隔に配置し、バケツリレー方式でホームまで運んだ
  3. 列車にホームドアを積載し、ホームに到着後、車内から降ろした