全1770文字
PR
(写真:生田 将人)
(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

 関西国際空港を沖に臨む大阪府泉南市に2020年7月、「泉南りんくう公園」が開業しました。大阪湾に面した南北2km、敷地面積10万7800m2の広大な同公園は、「SENNAN LONG PARK」という愛称も付きます。

 未整備だった府の公園用地を市が無償で借り受け、市が大和リースを代表企業とする企業グループに公園の整備や維持管理、運営を委託しました。総工費は約23億円。企業グループは公園内の有料施設などからの収入によって整備や管理の費用を賄います。つまり、市の公費を投入しない独立採算型のPFI(民間資金を活用した社会資本整備)事業です。

 公園にはサッカーグラウンドやスケートボード場、アスレチックなどのスポーツ施設、レストランなどの飲食施設、グランピングや合宿場などの宿泊施設を併設。大阪府南部や和歌山県などから年間200万人の来場を想定しています。

 上の写真にある円形の施設は、グランピングエリアの一画に造られました。一体、どのような用途に使うのでしょうか。

  1. 日時計のある広場
  2. キャンプファイア場
  3. 天然温泉の足湯・飲泉場