全1549文字
PR
(写真:日経コンストラクション)
(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 「この木の間にワイヤを通せるか」「よし、引っ張れ」。岐阜県下呂市の山中。勾配が35~45度ある斜面に、人々の声が響きます。

 斜面には幅7m、高さ8m、奥行き6m、重さ約500tもある巨大な岩塊があります。人々はロープで体を支えながら岩塊に登り、一体何をしているのでしょうか。

  1. 遺跡の発掘調査
  2. 落石防止工事
  3. ロッククライミング