全1056文字
PR
(写真:生田 将人)
(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
3階平面図
3階平面図
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪府茨木市にある追手門(おうてもん)学院大学の「茨木総持寺(そうじじ)キャンパス」が2019年4月に開校しました。キャンパスにそそり立つのは、平面が正三角形の大型大学校舎「追手門学院大学ACADEMIC-ARK(アカデミックアーク)」です。

 三角形の一辺は130m。地上5階建てで、延べ面積は約2万1800m2。約3600人が学ぶ建物を分棟化せず、この1棟に収めました。

 正三角形にすることで、どんな効果を狙ったのでしょうか。

  1. 三角形の敷地を有効に使う
  2. 「三方良し」の経営哲学を想起させる
  3. 3つの頂点から出入りして、にぎわいを集約する