全1193文字
PR
(写真:日経アーキテクチュア)
(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:日経アーキテクチュア)
(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 建築家の鈴木禎次(すずきていじ、1870~1941年)の設計で、昭和初期に竣工した高島屋東別館(大阪市浪速区)は、鉄骨鉄筋コンクリート造、地下3階・地上9階建て。全体がアールデコ調のデザインでまとめられています。堺筋側の地上2階に見える11連アーチや、約67mも続くアーケードが特徴です。

 昭和初期の百貨店建築として貴重であることが評価され、2019年3月に登録有形文化財(建造物)に登録されました。

 同館のリノベーション工事が完了し、20年1月に既存の「高島屋史料館」が改装オープンしました。それと同時に、この建物内に新規オープンしたのは、次の3つのうちどれでしょうか。

  1. ホテル
  2. シネマコンプレックス
  3. 蝋(ろう)人形館