全1305文字
PR
(写真:安川 千秋)
(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都江東区に2020年6月、大東建託の施設「ROOFLAG(ルーフラッグ)賃貸住宅未来展示場」がオープンしました。建物のエントランスを兼ねたアトリウムを、CLT(直交集成板)の巨大な架構が覆います。

 高さが2.3mあるCLT梁(はり)を128枚組み合わせて、直角三角形の架構を形成しました。梁の高さが長いので、天井からの直射日光を遮りながらアトリウムに光を取り入れられます。

 最も長い道路沿いの架構スパンは、56.5mあります。日本の大規模木造建築の1つである、東大寺大仏殿の幅とほぼ同じ長さです。

 この斬新な木造の大空間を設計した建築家は、誰でしょうか。

  1. 長坂常氏
  2. 原田真宏氏、原田麻魚氏
  3. 隈研吾氏