全1119文字
(写真:日経クロステック)
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 星野リゾートは2022年4月、同社が18年から展開しているOMOブランドの都市観光ホテル「OMO7(おもせぶん)大阪」を、大阪市浪速区に開業しました。JR大阪環状線の新今宮駅から徒歩1分のところにあります。

 地上14階建てで、延べ面積は約3万7300m2。ホテル棟と宿泊客専用の温浴施設「湯屋」、約7600m2の広さがあるガーデンエリア「みやぐりん」で構成しています。

 設計は日本設計(ホテル棟)と岩田尚樹建築研究所(湯屋)、東 環境・建築研究所(内装)、オンサイト計画設計事務所(ランドスケープ)が担当。施工は竹中工務店・南海辰村建設共同企業体が手掛けました。

 星野リゾートは1993年から、環境負荷を最小限にとどめる「環境経営」を推進しています。OMO7大阪もまた、環境に優しいつくりを心掛けています。

 OMO7大阪では、どのように環境に配慮したのでしょうか。三択です。

  1. 内装に木材や建設残土を多く使い、CO2排出量を抑えた
  2. 外装に建材一体型の太陽光発電を採用し、エネルギーをつくりだす
  3. 外光を反射する膜でホテルを覆い、客室への日射負荷を減らした