全1188文字
(写真:吉田 誠)
(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 青森県のJR弘前駅から徒歩20分、土淵川のほとりにある吉野町緑地に「弘前れんが倉庫美術館」はあります。約100年前に建てられた近代産業遺産の「吉野町煉瓦(れんが)倉庫」を現代美術館として大規模改修し、2020年7月11日にグランドオープンしました。

 写真右が、地上2階建ての「ミュージアム棟」、左が「カフェ・ショップ棟」です。改修設計は、フランス・パリを拠点とするAtelier Tsuyoshi Tane Architects(アトリエ・ツヨシ・タネ・アーキテクツ)の田根剛代表が手掛けました。

 さて、このれんが倉庫はもともと、どんな用途に使われていたのでしょうか。

  1. 酒蔵
  2. 味噌蔵
  3. 石炭倉庫