全1378文字
PR
(写真:浅田 美浩)
(写真:浅田 美浩)
[画像のクリックで拡大表示]

 たなびく雲のような大屋根が印象的な屋内型児童遊戯施設が2022年4月、山形市にオープンしました。「シェルターインクルーシブプレイス コパル」です。

 うねる軒はエントランス付近で大きく張り出し、子どもたちを迎え入れます。PFI(民間資金を活用した社会資本整備)事業のBTO(建設・移管・運営)方式を導入して建てられました。

 事業者はシェルター(山形市)を代表企業とする特別目的会社(SPC)の「夢の公園」です。設計はその構成員である大西麻貴+百田有希/o+h(東京都中央区)が手掛けました。

 施設内には体育館と大型遊戯場を中心に、図工コーナーや視聴覚コーナーなどの諸室のほか、保護者向けに子育て相談室や赤ちゃん休憩室、カフェもあります。

 この児童遊戯施設内の遊具には際立った特徴があります。それは次の3つのうちどれでしょうか。

  1. 季節ごとに遊具を入れ替えている
  2. 遊具が床面や壁と一体になっている
  3. 児童が好みの遊具を各自で組み立てて使う