全816文字
PR
(写真:日経アーキテクチュア)
(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京・紀尾井町の角地に、ガラスで覆われた15m角のコンクリートキューブが出現しました。高低差がある敷地の地上1階ピロティに立つ4本柱がキューブを約3.6m持ち上げて、建物に浮遊感を与えています。

 建物は地下1階・地上5階建てで、敷地面積は約538m2、延べ面積は約1290m2です。

 キューブの中は通路と階段が続く、4層吹き抜けの空間になっています。この建物は何の施設でしょうか、三択です。

  1. ダンスホール
  2. レストラン
  3. まだ決まっていない