全1016文字
PR
(写真:生田 将人)
(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪市に「こども本の森 中之島」が2020年7月に開館しました。場所は大阪市北区にある中之島公園内の堂島川沿いです。市の土地に建築家の安藤忠雄氏が施設をつくり、市に寄贈して話題になりました。設計は、安藤忠雄建築研究所です。

 この施設は、図書館法で言うところの「図書館」ではありません。本の並べ方は一般的な図書館の分類によらず、子どもたちが“意外な本”に出合うことを重視しています。高い書棚に置かれた本は、手の届く位置に同じものが置いてあります。

 他にも安藤氏による仕掛けが、この施設にはあります。その仕掛けとは、次の3つのうちどれでしょうか。

  1. 隠し引き出しをつくり、その中に本を入れてある
  2. 本棚の一部が秘密の部屋に続く隠し扉になっている
  3. トイレの壁がマジックミラーで、個室内から外が見える