全3395文字

全天球カメラ「Insta360」シリーズで知られる深センのスタートアップShenzhen Arashi Vision(シンセン・アラシ・ビジョン)の創業者JK Liu氏に現地でインタビューした。同社は創業5年、創業者のLiu氏もまだ28歳と若い企業だが、深センを代表するハイテクベンチャーの1つになっている。

JK Liu(劉靖康、Liu Jingkang)氏
JK Liu(劉靖康、Liu Jingkang)氏
1991年生まれ、南京大学在学中の2014年に起業。当初は携帯電話を使ったライブ配信製品などを手掛けていた。深センに拠点を移転して社名をShenzhen Arashi Vision(シンセン・アラシ・ビジョン)に変更。2016年に発表したiPhoneに接続して使える全天球カメラ「Insta360 Nano」のヒットで一躍注目企業となった。現在のラインアップは業務用の「Insta360 Pro」や超小型アクションカメラ「Insta360 GO」など10製品となっている(写真:コヤマタカヒロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Liu氏が南京大学在学中の2014年に南京で起業、程なく深センに拠点を移し、2016年にiPhoneに接続して使える全天球カメラ「Insta360 Nano」を出荷。2万円台と手ごろな価格もあって大ヒットし一躍、全天球カメラのトップメーカーの仲間入りをした。

シンセン・アラシ・ビジョン本社が入るオフィスビル
シンセン・アラシ・ビジョン本社が入るオフィスビル
深セン宝安国際空港に近い深セン市宝安区の再開発地区にある(写真:コヤマタカヒロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 深セン市内の西側エリア、深セン宝安国際空港に近い宝安区の再開発地区に建つ真新しいオフィスビルにあるシンセン・アラシ・ビジョン本社を訪ね、JK Liu氏に目指すものづくりと深センの今について話を聞いた。

全天球カメラ:魚眼レンズなどを使い、一度にカメラ位置からの全方位を撮影できるカメラ。360度カメラ、VRカメラといった呼び方もある。

日本のテレビドラマが映像に興味を持つきっかけ

JK Liu氏の執務机
JK Liu氏の執務机
棚にはなぜかハローキティのぬいぐるみがずらりと並ぶ(写真:コヤマタカヒロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 シンセン・アラシ・ビジョンは創業当初、南京で携帯電話によるライブ配信製品を手掛けていたが、その後深センに移転、全天球カメラ市場へ参入した。現在はコンシューマー向けから業務用まで数多くの全天球カメラ製品ラインアップの他、超小型のウエアラブルアクションカメラ「Insta360 GO」など新たな分野の製品も手掛ける。

 JK Liu氏が映像機器を手掛けるきっかけとなったのは意外にも日本のテレビドラマだという。学生時代から「白い巨塔」や「1リットルの涙」といった日本のドラマを楽しんでいたJK Liu氏。自分でも映像作品を撮ってみたいと考えたが、そこには多くのハードルがあった。

Insta 360 ONE X
Insta 360 ONE X
5.7Kの動画と18MPの写真が撮影できるスティック型の全天球カメラ。きょう体の両面に魚眼レンズを備える。独自の「FlowState 手ぶれ補正」機能を搭載しており、ぶれの少ない動画が撮影できる。本体を自撮り棒などに取り付けて撮影すると、上空からドローンが自分を撮影しているかのような映像が撮影できるが、その際に映像から自撮り棒を自動的に消すといった気の利いた機能も備える。3K100fpsのスローモーション撮影により、360度映像が回転するバレットタイムなどの機能も面白い(出所:シンセン・アラシ・ビジョン)
[画像のクリックで拡大表示]

 映画やドラマで使える映像を撮るにはプロのカメラマンと編集のスキルが必要になる。フレーミングを考え、ベストな位置で撮影し、それをまとめなければいけない。スキルの無い人が同じことをするためにはどうしたらよいか? 決まったフレームではなくすべてを記録すればいい。そしてそこから必要な映像を切り出す。さらにAIが編集する。そうすればプロのスキルを持たない素人でも映画やドラマのような映像が撮れるはずーー。これがInsta360に至る最初のアイデアだったという。

JK Liu氏:一般のユーザーがどうしたら良い作品がつくれるか考えて、全天球カメラに行き着きました。周りの空間すべて「360度」の映像を全部記録すれば撮り漏れはありません。そうして撮ったあとに映像を自由に編集して好みのアングルやカットに仕上げればいいわけです。プライベートをプロのカメラマンがずっと撮ってくれているようなもの。Insta360はそういうカメラを目指しています。

Insta 360 GO
Insta 360 GO
約20gのボディーに2720x2720ドット、25fps(動画時)で撮影できるセンサーを搭載した超小型ウエアラブルアクションカメラ。磁気ストラップやクリップで体に固定して撮影する仕組み。本体をタッチした回数で動画や静止画、タイムラプスの撮影ができる。動画は最長60秒の記録に対応。撮影した映像はアプリによるAI編集で出力できる(出所:シンセン・アラシ・ビジョン)
[画像のクリックで拡大表示]