PR
全483文字

 東芝は、単眼カメラによる1回の撮影でカラー画像と距離画像を同時に得られる技術を開発、自動運転車やドローン、ロボットなどでの実用化を目指している。独自のカラーフィルターと画像処理技術を汎用的なイメージセンサーと組み合わせることで、ステレオカメラ並みの精度の距離画像を低コストに得られる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い