全2640文字
PR
中村大介
中村大介
高収益化支援家、弁理士

 「もしもし」と大きな声を出しながらスマートフォンを耳に当て、会議室を出ていったのは、A社長でした。

 場所は昼下がりのA社会議室。会議の検討課題は開発テーマの進捗についてでした。私はコンサルティングの仕事でA社の開発会議に出席していました。開発会議の予定は13時からの2時間程度でした。昼食と昼休みを終えて眠くなる時間帯ですが、私はもちろん、A社社員も誰1人開発会議で寝る人はいませんでした。それは、A社長が出席していたからです。

 会議では、技術者が順番に発表します。A社では、技術者が一通り発表した後に、社長のコメントを経て、軌道修正するかそのまま進めていくのかを決めることになっていました。1つのテーマを複数の技術者で担当しています。発表してレビューを受ける技術者だけではなく、関係する技術者は全員出席しなければならない重要な会議でした。

 冒頭のエピソードは、私が関わって数カ月後のことでした。会議の途中にピリピリと甲高い携帯電話の着信音が鳴ったと思ったら、A社長が電話をとって会議室を出て行ったのです。

 私は常に携帯電話をマナーモードにしています。会議中の電話にはよほどのことがない限り出ることはありません。そのため、A社長が電話に出たのは何か急ぎの電話に違いないと心配したのを覚えています。

 当然、会議は中断し、発表者も発表をやめてしまいました。30秒もすると、A社長が気ぜわしそうに戻ってきました。

何の電話だったのか

 「すまない、管理部からの連絡だった」と言いながら、A社長は席に戻りました。社内からの電話だったのです。どうしても取らなければならない電話だったのかなという疑問を感じながらも、会議は再開されました。

 A社長はイライラしているように見えました。腕を組み、いわゆる「貧乏ゆすり」をして、目にはクマ。とても疲れた様子です。発言にもどこかとげとげしいものがありました。

 一通り会議を終えると、A社長は「みんな頑張ってくれ」という趣旨のコメントを残してさっさと会議室を後にしました。その後、会議室で私がA社幹部と話していた時にA社長の電話のことが話題になったのですが、A社幹部は気まずそうに「すみません、うちの社長が……」と謝罪してきました。

 今までの経験から、A社長の行動は研究開発を阻害するような気がしたので、その幹部社員に詳しく話を聞いてみました。すると、「いつもああなんですよ」と言いながら、いろいろなことを話してくれました。

 この幹部の話を要約すると、A社長は気が小さく、いつもイライラした様子で社員に接するため、マイクロマネジメントになってしまっているとのことでした。

[画像のクリックで拡大表示]

A社長の人物像

 このコラムで伝えたいのは、決して嘆かわしい上司像ではありません。良い経営者になるために必要なことです。

 A社長のことをかばうわけではないのですが、A社長は今まで心配ばかりだったに違いありません。A社は上場企業のグループ会社。A社長はいわゆるサラリーマン経営者で、本社からの要求は強いものだったようです。

 達成しなければならない経営目標は明確です。一方、人員や予算などの使える資源は限られています。そんな中、経営目標を達成するのは困難を極めます。A社幹部によれば、A社長は「自分がやらなければ」と思う性格のようでした。A社長はA社長なりに神経をすり減らしていたのだろうと思います。

 A社長の気持ちが分かったのは、私自身が仕事に悩んで神経をすり減らした経験があったからです。起業後の数字のプレッシャーや新規事業立ち上げのリスク、出ていくお金、やめていく部下──。さまざまなことを考え過ぎて、人に対してとげとげしくなっていた時期が私にもありました。

 その時は体調も悪く、目にはクマが出来ていたことだろうと思います。ただ、主観的には一生懸命仕事をしていたつもりだったのです。

 その頃の私は、「コンサルティングの効果が出なかったらどうしよう」「クライアントにどう思われているんだろう」「業績が到達しなかったら周囲になんと言われるだろう」などと心配が尽きませんでした。

 今思えば、「虫の目」ではなく、もう少し「鳥の目」で見て物事を観察すれば余裕も出たのかもしれません。しかし、当時の私にはそんな余裕はありませんでした。そうした経験から、その人にはその人なりの心配や不安があるのだと理解できるようになりました。