全3116文字
PR
[画像のクリックで拡大表示]

 「効果があれば買うんですけどね……」。オンライン会議でそう濁したのは研究開発部門を率いるA部長でした。

 その発言があったのは、研究開発テーマ創出の演習を実施していた時です。会議室にいたのはA部長の他に5人。テーマ創出の演習というのは、技術者と営業社員などがチームとなってテーマの創出を実践するものです。実践を伴うため、研修ではなく演習と呼んでいます。

 A社でも技術者と営業社員が5人のチームになって実践していました。検討の序盤では、PEST(Politics:政治、Economy:経済、Society:社会、Technology:技術)分析などのマクロ調査を机上で検討してもらいます。マクロ調査によってテーマの仮説を見いだすためです。

 マクロ調査でテーマの仮説が見いだせると、具体的なミクロ調査に移行してもらいます。仮説を確かめるためです。ミクロ調査とは、具体的な人物へのインタビューや実機の購入などを通じて行う実務調査です。

 ミクロ調査には費用がかかります。インタビューも実機の購入も無料というわけにはいきません。これらの費用がA部長の頭を悩ませました。

 どういうことかといえば、マクロ調査で行うのは机上の調査。いわば、インターネットで検索するもの。そのため、手間はかかりますが、外部支出が伴うものではありません。一方、ミクロ調査は「ネット検索」で済むものではなく、外部支出を伴うものです。

 会社で資金を使うとなると、発生するのが稟議(りんぎ)です。稟議書には、「なぜ必要なのか」と「どんな効果があるのか」を書かなければなりません。そして稟議書は上司に見られるもの。さまざまな説明をして納得してもらわなければなりません。

 演習の過程で必要となる外部支出を伴う調査の稟議書を書くかどうかについて議論になった時、A部長が冒頭の言葉を発したのです。

A部長の頭にあったのは忖度(そんたく)

 私にはA部長の口調が渋い理由が分かりませんでした。そこで、私はA部長にその背景について質問することにしました。

(作成:筆者)
(作成:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 「効果がないものが買えないのは分かるのですが、効果があるかどうか分からないものはどうなるのですか」と私が聞くと、A部長は「効果があるかどうか分からないもの? うーん……」と押し黙ってしまったのです。それでもA部長は何かを答えようとしている様子。ただ、その発言内容をテレビのテロップ風に表現すれば「*%$◯✕△□…」。何を言っているのか分かりませんでした。

 要領がつかめない私は「ついでに言えば、テーマ創出の調査は効果があるかないか事前に分からない支出がほとんどですが、会社としてのスタンスはどうなっているのですか」と聞きました。少したたみかけるような口調になっていたかもしれません。すると、A部長はさらに黙ってしまいました。

 沈黙の長さから、私の質問がA部長を困らせていることに気づきました。会議室もシーンとなっています。しかし、その沈黙により、A部長が答えに窮した理由に気づくことができました。

 私の見立てでは、A部長は答えを知らないわけでも、難しすぎて困っているわけでもありませんでした。ただ、言いたくても言えなかったのです。なぜ、A部長は言いたくても言えなかったのでしょうか。

 一言で言えば、それは忖度というものでしょう。

 A部長の胸中を察するに以下のようなものだったと思います。「テーマ企画に調査が必要なのは承知している。資金が必要なのも分かる。しかし、当社の経営者が過去に求めてきたものは投資対効果であり、『効果がないと認めない』という雰囲気がある。過去に効果があるか分からないものはことごとく却下されてきた。だから、今回の提案が通るとは思えない」──。