全1619文字
PR

 KDDI(au)が2021年1月13日に新料金を発表した。大手3社では最後の発表だったこともあり、よく練られた料金プランとなっている。

 オンライン専用の新ブランド「povo(ポヴォ)」は毎月のデータ通信量が20ギガバイトで月2480円(税別、以下同じ)。NTTドコモやソフトバンクのオンライン専用ブランドが標準で備える「5分以内の国内通話かけ放題」をオプション扱いとすることで月500円安くした。

 povoでは200円を払えば毎月20ギガバイトの通信量を消費することなく、データ通信が24時間使い放題となるオプションも用意した。「外出先でテザリングを使いたい」「オンライン会議や授業が多い」「映画やドラマを一気に見たい」といった日に同オプションで通信量の枠を拡大できるので便利だ。今後は「ドラマ見放題」や「SNS使い放題」などのオプションも考えられるとして期待を持たせた。

 ただ、筆者が最も驚いたのは「UQモバイル」の新料金だ。最も安い「くりこしプランS」は毎月のデータ通信量が3ギガバイトで月1480円と格安スマホ並みに下げてきた。同じ3ギガバイトの条件で格安スマホの料金を見ると、インターネットイニシアティブ(IIJ)の「IIJmio」が月1600円(KDDI回線を使うタイプAの場合)、オプテージの「mineo」が月1510円(KDDI回線を使うAプランの場合)である。

 格安スマホは朝の通勤・通学、昼休み、夕方などの混雑時に通信速度が低下することで知られるが、UQモバイルにはこうした弱点がない。店舗で手厚いサポートも受けられるとなれば、格安スマホから乗り換える動きが加速しそうだ。今回、KDDIが小容量の領域にまで踏み込んで攻めてきたことで、格安スマホを展開するMVNO(仮想移動体通信事業者)はいよいよ危機的な状況となってきた。