PR
全2714文字

 米グーグル(Google)から独立した成層圏通信事業者の米ルーン(Loon)は、推定企業価値が10億ドル(約1100億円)を超える「ユニコーン」だった――。こんな事実が、2019年4月のソフトバンクによる同社への1億2500万ドル(約140億円)出資で明らかになった。グーグルの新規事業は巨額の赤字を垂れ流している一方で、膨大な企業価値を生み出している表れだ。

 ルーンは高度2万メートルの成層圏に飛ばす気球を無線基地局として運用し、地上に基地局を整備しづらい地域にインターネット接続サービスを提供する事業者だ。

「Google I/O 2016」で公開されたルーンの気球
「Google I/O 2016」で公開されたルーンの気球
[画像のクリックで拡大表示]

 ルーンは「ムーンショット」級の技術開発を目指すグーグルの研究機関「X」で2011年に始まったプロジェクトで、2018年に独立した会社となり、2019年中に初めての商用サービスをケニアで始める予定だ。2019年4月25日にはソフトバンク子会社で同じく成層圏通信を手掛けるHAPSモバイルとの資本提携を発表している。

 「完全なマイノリティー(少額出資者)だ」。ソフトバンク副社長兼CTO(最高技術責任者)とHAPSモバイルの社長を兼務する宮川潤一氏はこう語る。140億円という巨費を投じても、ルーンに取締役を派遣することすらかなわなかった。

ソフトバンク副社長兼CTO(最高技術責任者)とHAPSモバイルの社長を兼務する宮川潤一氏
ソフトバンク副社長兼CTO(最高技術責任者)とHAPSモバイルの社長を兼務する宮川潤一氏
撮影:加藤 康
[画像のクリックで拡大表示]

 加えてソフトバンクの宮川副社長は「グーグルはルーンに数百億円(数億ドル)の上の方の資金を投じているが、それよりずっと上の企業価値が既についている」とも証言する。これらを総合すると、ルーンに10億ドルを超える企業価値がつけられていることは間違いなさそうだ。

巨額赤字だが技術は高評価

 ルーンや自動運転車の米ウェイモ(Waymo)、医療分野の米ベリリー・ライフ・サイエンス(Verily Life Sciences)など米アルファベット(Alphabet)の野心的な新規事業、総称して「Other Bets」は、これまで売り上げも無いのに巨額の赤字を垂れ流すことばかり注目されてきた。

 アルファベットが2019年4月29日(米国時間)に発表した2019年1~3月期決算では、Other Betsの売り上げは1億5000万ドルだったのに対して、営業損失は8億6800万ドルだった。2018年10~12月期に至っては、Other Betsの営業損失はわずか3カ月で13億2800万ドルにも達した。日本円にすると通年ベースで数千億円もの赤字が発生していることになる。

 その一方でOther Betsの技術は高く評価され、膨大な企業価値を生み出していた。数あるOther Betsの中でも影が薄かったルーンの何がすごいのか。ルーンと提携したソフトバンクの宮川副社長が知られざるその姿を語ってくれた。

AI、SDN、ビッグデータがすごい

 自社でも成層圏通信の実現を目指す宮川副社長が同業者として指摘したルーンのすごさは3つある。AI(人工知能)を活用したフリート(機体)管理システム、SDN(ソフトウエア・デファインド・ネットワーク)をはじめとする通信技術、そして「空のビッグデータ」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い